お知らせ

将棋部の基本情報は こちら

将棋部日誌

将棋部ブログ

令和5年度王位戦出陣!(将棋部)

 10月1日(日)、王位戦参加のためいつもの県民活動センターに行ってまいりました。

3年生は1学期をもって引退し、2年生を中心とした新メンバーでの参加です。

2年生部長の富岡と前回大会で昇格した1年の北野はB級に。1年齊藤と佐野はC級に出場です。

 

 北野は初めてのB級リーグ戦で実力を発揮できず2連敗。最後に1勝をもぎ取るもB級残留です。

 

 齊藤と佐野は前回に続き、もう一度B級昇格を目指しましたが、同じリーグに強者が一人ずついて、リーグ内優勝できず、昇格は次回に持ち越しです。

 

 そして、3年生が引退して部長になったばかりの富岡ですが、リーグ戦は圧巻の3連勝!決勝トーナメントに出場です。

決勝トーナメントは2つあり、各々ベスト4に入る(2勝)とA級昇格となります。最近卒業した代も強かったのですが、最高順位はベスト8(1勝)で、顧問の知る限り10年以上、朝西からA級に昇格した生徒はいません。

1回戦は立教新座の2年生。お互い殴り合いの攻めの将棋を展開し、先んじて詰めることができました。

そして、2回戦は東野高校の2年生。富岡持ち味の攻めの将棋が炸裂し、初の2回戦勝利です!

3回戦は川越東の1年生。この生徒は受け上手でがっちり守り、富岡の攻めの糸口をつかみきれず敗退してしまいました。

結果、トーナメント内ベスト4。3位の賞状を獲得し、次回の王将戦からはA級での戦いとなります。

 

 個々の生徒が今持ちうるベストを尽くして戦いました。引き続き応援をよろしくお願いします。(将棋部顧問)

 

3年ぶりの出展、しいの木祭!

 9月8・9日に朝霞西高校文化祭「しいの木祭」が開催されました。

ここ数年はコロナ過で在校生のみでの形だったのですが、今年は外部のお客さんを迎え入れました。

将棋部はずっと不参加だったのですが、今年はコロナ制限の緩和もあり久しぶりの出展!

恒例の「フリー対局」や「君は詰められるか!?」の詰将棋展示。そして、今年から導入したボードゲームコーナーの三本立てです。

これまでは男子しか遊びに来なかったのですが、今年は女子も遊びに来てくれて、大いににぎわいました。

 

将棋やボード-ゲームに興味のある中学生は、朝西に入学したら、ぜひ、将棋部に入部してね(宣伝)

 

「将棋部」たまには息抜きで、『カタン』で勝負!

もともと私の私物のボードゲームで遊んではいたのですが、今年度より生徒会に予算が承認され、ボードゲームを買うことができました。

購入第2段は、世界大会も開催される『カタン』です。(第一弾は『ゴキブリポーカー』を生徒が購入してきました)

期末試験最終日で、参加者を募ったところ、すぐさま4名の希望者があり、顧問は採点が終わってなかったのですが、インストール(遊び方をレクチャーする)を実施しました。みんな理解が早く一回のお試しプレーでマスターしたので、顧問は採点再開。部員はお昼も食べず(?)夕方まで『カタン』を堪能して帰りました。

これを見ている中学生さん。朝西将棋部は将棋だけでなく、ボードゲームを嗜みますので、ボードゲーム好きは是非来てね!

世代交代の竜王戦!

6月11日の日曜日、新しいメンバーで竜王戦に挑戦してきました。

B級だった3年生は全員卒業してしまい、B級1名(現3年生)とC級4名(3年・1年×3)です。

午前中はB級のトーナメントで、残念ながら初戦敗退。

午後はC級のリーグ戦で、3年生の桑村が最後の大会でB級昇格を果たしました!

1年生は北野が全勝でB級昇格を果たし、二名はあと少しのところでしたが届きませんでした。

結果、今回出場しなかった2年生も含めて、B級4名と卒業生した分の枠を確保し、次の王位戦が楽しみです。

 

選手権大会結果報告

5月7日日曜日。雨の降る中、選手権大会に出場してきました!

団体戦は実力関係なしで参加のトーナメント戦なので、抽選の結果で勝ち上がり数が変わってきます。

事前にトーナメント表の発表がなかったので、ドキドキで受付を済ませトーナメント表を受け取ると

 

対戦相手は浦和高校Dチーム!浦和高校は関東大会などにも勝ち上がる将棋の名門校。でも、Dチームってどのくらい強いのでしょう???

今回、エースの富岡君と会場に向かう電車の中で、「中飛車が苦手なんです」なんて会話をしていました。そして、対戦相手の第一手は2五飛!まさかのドンピシャ中飛車です(涙)先に相手は持ち時間の10分を使い切り、30秒将棋。対する富岡も遅れて30秒将棋に突入し、善戦する中、一歩及びませんでした。

結果、3年生二人も破れてしまい、3敗の気持ちいくらいの一回戦負けです(号泣)さすがは浦高。Dチームでもとても強いです。

 

次回、6月11日(日)の竜王戦では、個人戦ではあるのですが、雪辱を晴らして勝ち上がってほしいです。

全国100万人の将棋ファンの皆様、応援よろしくお願いします!!

今年も選手権大会は団体のみ出場!

久しぶりの更新ですみません。

今年もGWの選手権大会が開催されます。

そして、今年も3年生は模試と日程がぶつかり、個人戦は出場辞退。(2年生も何故か辞退^^;)

団体戦のみの出場になります。

今回は私が顧問して以来、最強の冨岡君が出場するので期待大です!

隠れ朝西将棋ファンの皆様に良い結果をご報告できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!!

いざ!竜王戦!!

6月12日に竜王戦に出場してきました。3年生にとっては実質引退試合。次の大会は2学期なので、これで最後の大会となります。

今回も2年生は個人戦出場を見合わせ、1年生の有力候補も見合わせたので、3年生4人のみの参加です。

初戦は4人(または3人)の予選リーグで、部内最強の四潟と一番の勉強家の高田が予選突破!(部長の神田と前回予選を突破した池田は惜しくも予選敗退)

抽選の結果、二人は同じトーナメントに配置され、互いに1勝すると準決勝で対戦することになります。また、今回、ベスト4に入ると、藤井名人のサイン入り扇子がもらえ、準優勝するといA級昇格と、俄然、力が入ります。

気合の第一試合ですが、高田は埼玉栄の2年生と当たり前回団体戦の雪辱を晴らすチャンスです。しかし、相手も予選を通過した猛者!高田は大きな失敗をしなかったのですが、じわりじわりと押されて破れてしまいました。

四潟は細田学園の2年生と対戦。お互い、王の守りをずたずたにした殴り合いの戦いで互角の勝負をしました。相手の王はとうとう入玉し、四潟の玉の近くまで!防御と攻めを兼ねた手で相手の王を追い詰めます。そして逃げ道がなくなったそのとき、思わず王の頭に打歩!王は逃げれなくなり・・・歩詰めとなってしまいました。どうやら相手はそのことを解っていたらしく、打歩と同時に「歩詰めです」とコール。嵌められてしまったようです。手持ちに歩以外の駒はなかったので、勝負を焦ってしまったようです。

今回は、同校対決からのA級昇格が見えていただけに惜しい大会でしたが、予選で負けてしまった二人も含めて、全力で戦い、将棋を楽しんできました。ここから先は後輩に託し、3年生は最後の大会を終えました。

 

令和4年度選手権大会に参加してきました

今年は5月1日に個人戦、5月8日に団体戦が開催されました。

しかし、本校主力の3年生は1日が模試と日程がぶつかり不参加。2年生と合わせて6人で団体戦のみに出場しました。

しかし、くじ運悪く、Aチームは初戦で埼玉栄と、Bチームは一回戦byeからの第5シード校正智深谷と当たり、両チームとも1試合目で敗退してしまいました。

今年度の団体戦はこれで終わりなので、3年生は2年生にリベンジを託し、会場をあとにしました。2年生(と1年生)来年は1勝しよう!

今年度最後の戦い、王将戦!

 10月31日、多くの人がハロウィンを楽しむ中、われらが将棋部はいつもの決戦の地、県民活動センターに行ってまいりました。前回の王位戦では1年生が無念の欠場をしましたが、今回は2年4人、1年2人で参加しました。

 午前中のB級では部長とエースが1勝2敗で予選リーグを突破できない中、生徒会長が3戦全勝で決勝リーグに進出しました!これはここ数年なかった快挙です。決勝リーグでは2勝すると、次回大会からA級に出場できます。

 1回戦目は県立川越の2年生とあたり、危なげなく打ち破り、2回戦目は越谷北の2年生です。昼食を控えて万全の態勢で臨みましたが、完敗してしまいました。本人曰く、「ミスらしいミスはしなかった。むしろ、4間飛車対策は万全だったのだが、いつの間にか押し込まれてしまった」との事。その後、越谷北の生徒はトーナメント優勝し、A級に昇格しました。3回戦で当たっていれば会長も昇格できたので、とても惜しい一戦でした。

 午後はC級リーグに2年生1人と1年生2人が参戦です。1年生は2勝1敗で、あと一歩B級昇格に届きませんでした。2年生は3戦全勝でリーグ優勝し、次回大会から他の2年生と一緒にB級です。

朝西将棋部は着実に成長しています。今後とも、応援よろしくお願いします。

 

竜王戦前夜、そして当日

 先日は部員が集まらず、カードゲーム大会となりましたが、11日(金)に打ち合わせを兼ねて部員集合。大会に向けての調整を行いました。

 

 

 そして、13日(日)、竜王戦当日。午前中はB級以上のベテランの大会で、お昼からC級の大会が行われました。

 A級昇格を目指して挑んだ3年生でしたが、なかなか壁は厚く予選リーグを1位突破できませんでした。A級に上がるためには予選リーグを突破して決勝トーナメントでベスト4(2~3勝)しないといけないので、簡単には上がれません。次回が3年生最後の大会なので次こそは!と思う顧問でした。

 そしてお昼からは昨年大会に出なかった2年生など3名が参加。C級は予選リーグのみの開催で、リーグ1位になれば次回からB級に出場できます。2年代表の神田君と今年から入部した池田君は運にも恵まれて1人欠席のグループに出場しました。2人ともあっという間に2勝を勝ち取りB級昇格です。

 しかし、2年生の中では1番の実力者の四潟君は普通に4人のグループに出場。1戦目は圧勝で勝ち星を得て余裕の昇級と思いましたが、2戦目で苦戦。逆転を狙って攻めるも一歩届かず破れてしまいました。四潟を破った相手はこれで2勝で3連勝されると単独一位となり四潟君の昇格はなくなります。3戦目に四潟君は勝ち、2戦目の相手が負けて同率一位でないと昇級できないピンチに立たされました。四潟君自身は3戦目を圧勝で勝ち取り、あとは相手の勝敗を待つのみです。一進一退の攻防が続き、後ろで見ていた顧問が「あ!詰んだ。3連勝だ!」と気が付いたのですが、生徒はそれに気づかず守りの一手。結果、攻めに使う持ち駒がなくなり、3連勝を逃しました。そうです。四潟君の昇級がなりました。

 顧問をはじめ、先に終わった部員たちもハラハラドキドキの30分間でしたが、仲良く3人昇格出来て万々歳です。次回、秋の大会ではA級昇格を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。