日誌
お知らせ
  男子テニス部 2021年度
活動人数 1学年 22名 2学年 9名 3学年 14名
活動場所  クレーコート2・3番 部室前ハードコート1面
活動日  月~金 15:50~18:30 土 午前の場合8:30~13:00 午後の場合13:00~17:00
活動内容 平日:基礎練習。(朝練:平日7:15~8:15 弱点補強の課題練習)
土日:練習試合、練習会、講習会。

土日の練習試合で弱点を確認し、平日に弱点補強のための練習を行う。

主な実績

 

★2016年度 H28 

春 関東高校テニス選手権 埼玉県予選 男子団体
 1回戦 VS 三郷工業技術高校 0―3 敗退 県ベスト64
秋 埼玉県高等学校 新人大会 テニス競技 男子団体
地区予選決勝で富士見高校に負け出場せず


★2017年度 H29
春 関東高校テニス選手権 埼玉県予選会 男子団体
  1回戦 開智未来高校 0-3 敗退 県ベスト64
秋 埼玉県高校 新人大会 テニス競技 男子団体
  1回戦 越谷東高校 4-1 勝
   2回戦 立教新座高校 4-0打ち切り 敗退 県ベスト32


★2018年度 H30 
春 個人戦 関東大会テニス競技 埼玉県西部地区予選 2次予選進出
西部地区 47位(県大会44名まで出場) 中東快地(花の木中)
県大会にあと1歩のところで敗退 県大会個人戦シングル出場できず
関東高校テニス選手権 埼玉県予選会 男子団体
  1回戦 川口東高校 1-2 敗退 県ベスト64
  夏 入間地区大会 2年生の部 準優勝 中東快地(花の木中)
1年生の部 優勝  野口淳斗(新座中)   
    とんぼカップダブルス大会 優勝 中東・野口ペアー
3位 宍戸(大井中)・太田(福岡中)ペアー
国公立団体戦 3回戦進出 ベスト16
S1中東、S2野口S3角田(藤久保中)
D1宍戸・太田、D2根岸(新座6中)・岩﨑(新座6中)

コバトンカップ(高校チーム対抗関東強化大会)にて
西部地区選抜選手に選出
中東快地(花の木中)、野口淳斗(新座中)
秋 埼玉県高校 新人大会 テニス競技 個人戦
新人大会(高体連公式戦)西部地区予選 各ブロック1~4位まで2次予選進出      
(西部地区からシングル42本 ダブルス24本出場) 
   中東快地 ブロック1位通過 2次予選(県大会出場者決めの西部地区順位戦)進出
            シングル県大会出場へ 
           県大会 2回戦進出 県ベスト64
野口淳斗 ブロック2位通過 2次予選進出  県大会出場できず 予選敗退
中東・野口ペアー ブロック2位通過 2次予選進出 ダブルス県大会出場へ 
   県大会 1回戦 ベスト64
  埼玉県  新人大会 テニス競技 団体戦
 1回戦 西武台高校 3-2 勝利
 2回戦 草加東 3-2 勝利
 3回戦 川越東 0-5 3回戦敗退
   県ベスト16 
1年生大会団体戦  県ベスト16
西部地区団体戦   二部リーグ 第1シードで出場


★2019度 令和元年度 
春 個人戦 関東大会テニス競技 埼玉県西部地区予選 2次予選進出
シングル
中東快地(花の木中)
県大会にあと1歩のところで敗退 県大会個人戦シングル出場できず
ダブルス 中東・野口ペア 
      西部地区予選 2次予選進出 勝ち上がり  県大会出場
  春 関東高校テニス選手権 埼玉県予選会 男子ダブルス
  県大会出場  1回戦敗退  県ベスト64
秋 埼玉県高校 新人大会 テニス競技 個人戦
新人大会(高体連公式戦)西部地区予選 各ブロック1~4位まで2次予選進出    
   シングルス
野口淳斗 
        1次予選ブロック3位通過 2次予選進出順位戦で勝ち  県大会出場
        県大会1回戦敗退

櫻井・野口ペアー ブロック3位通過 2次予選進出したが敗退 
ダブルス県大会出場できず
秋 埼玉県  新人大会 テニス競技 団体戦
 1回戦 伊奈学園(第10シード)  3-2 勝利 ※シード校に勝ちました 
 2回戦 慶應志木 0-3(打ち切り)  敗退
   県ベスト32 


だんだんとよい結果を残すことができるようになりました。公立高校の強豪校をめざして頑張っています。
朝霞西高校に入学し、硬式テニス部への入部待っています。

「応援される選手になろう」を合言葉にして日々練習に励んでいます。
一緒に夢や目標のために戦いましょう。(顧問)

 

<令和2年度>

2020年度、春・夏の大会は、コロナのため中止となりました。 

秋 埼玉県高等学校 新人大会男子団体

1回戦 深谷高校 4-1 勝利

2回戦 越谷西 1-4 敗退

県ベスト 32

 

〈令和3年度〉

春 個人戦 関東大会テニス競技 埼玉県西部地区予選

シングル 渡邉 育真 県大会まであと一歩のところで敗退県大会個人戦シングル出場できず

ダブルス 渡邉 猿賀 ペア 西部地区24位 県大会ダブルス出場64位

団体戦 県大会出場 

1回戦 慶應志木 0-3 県ベスト64

 

西部地区から県大会出場の公立高校はダブルス朝霞西・入間向陽 シングル県立川越の三校のみでした。

毎年県大会に出場しています。

 

コメント  2016年4月より、コーチと審判の資格を持った顧問が朝霞西高校に赴任し、主顧問が変わりました。結果、活動が盛んになり、部活が生まれ変わりました。最新の情報や指導法を学ぶためたくさんの指導者研修会に参加して資質の向上をめざし、コーチングに活かしています。
「みんなから応援される選手になろう」を合言葉に、礼儀を重んじ、人間性を高めることを大切にしています。挨拶や時間遵守の徹底、普段から何事にも全力を尽くして取り組んでいます。充実した高校生活を送りたい人、朝霞西テニス部で一緒にがんばりましょう!