ブログ

硬式野球部

硬式野球部 令和6年度春季高校野球埼玉県大会①

令和6年度春季埼玉県大会1回戦に臨みました。

 

川越西101 000 010 4 計7

朝霞西000 000 003 2 計5

 

1回表、相手の先頭バッターにツーベースを許し、続く2番バッターが送りバント、3番のセンターへの犠牲フライで1点を先制されます。

3回と8回にも1点ずつを失い、0-3のまま9回裏を迎えます。

9回裏、先頭の1番安藤(ふじみ野福岡)がセンター前ヒットで出塁し、2者倒れたあと、4番宮越(新座六・清瀬球友会)も繋ぎ、2死1・3塁とします。
ここで1塁ランナーの宮越に代わって、代走加川(朝霞一)が送られました。
続く5番平山(富士見水谷)のタイムリーヒットで1-3とし、なおも1・2塁とします。
さらに6番香林(ふじみ野葦原)のタイムリーで2塁ランナーの加川が俊足を飛ばして、ホームに生還。相手の送球ミスも重なり、1塁ランナーの平山もホームに生還し、土壇場で3-3の同点とします。

10回からは無死1・2塁から始まるタイブレークとなります。
10回表、無死1・2塁から相手はバントを選択しますが、これが内野安打となり、無死満塁のピンチとなります。
その後、タイムリーヒットやバッテリーエラーで4点を失いました。
10回裏は3つのアウトを取られる前に5点取らなければなりません。
アウトカウントをなるべく増やさずに後ろのバッターに繋ぐよう意識して臨みましたが、2点を返すにとどまり、5-7で春季埼玉県大会初戦敗退となりました。

今回の試合で、改めて攻撃力を高める重要性を思い知らされました。バッターがよりレベルアップして、ピッチャーを助けることができるよう、7月に始まる第106回全国高校野球選手権埼玉大会に向けて、努力をしていきます。

どうぞ応援よろしくお願いいたします。

硬式野球部 春季高校野球南部地区予選大会②

朝霞西063 90 計18

南 稜001 00 計 1

 

「秋に県大会出場を逃して、悔しい思いを持ちながら過ごした長い冬は、ただ過ごした冬とは違う。」

試合前にこのようなミーティングをしてから、代表決定戦に臨みました。

 2回表、先頭バッターの4番宮越(新座六・清瀬球友会)がレフト前ヒットを放ち、レフトが打球を処理する際に少しだけファンブルしたのを見逃さず、積極走塁で宮越は一気に2塁を陥れます。続く好調の5番平山(富士見水谷)は、右方向へのヒッティングでランナーを確実に進め、1死3塁とします。ここで6番香林(ふじみ野葦原)のセンター前ヒットで待望の先制点を挙げます。さらに四球などでランナーをためて、2死満塁から1番安藤(ふじみ野福岡)の走者一掃ライトオーバーのスリーベースで4-0とします。さらに2番依田(所沢柳瀬)や3番キャプテン久保(三芳)の連続タイムリーで6-0とし、試合の主導権を握ります。

 3回表も唯一の2年生スタメンの9番多胡(三芳)のスクイズや1番安藤の犠飛などで3点を追加します。

 4回表も5番平山のタイムリーツーベースや6番香林のタイムリー、9番多胡の犠飛、1番安藤のタイムリー、3番久保のタイムリースリーベース、4番宮越のタイムリーで9点を追加します。

 投げては、背番号6のキャプテン久保が3回1失点でゲームを作りました。2番手中村(富士見勝瀬・入間東部レンジャーズ)も1イニングを無失点に、3番手の2年生右腕奥山(朝霞二・SWAN)も公式戦初登板ながら、1イニングを無失点に抑え、18-1の5回コールド勝ちとなりました。

令和6年度春季埼玉県大会は、4月22日(月)抽選で4月25日(木)開幕となります。3年生にとって最後の夏の大会である、第106回全国高等学校野球選手権埼玉大会のシード権(ベスト16以上)獲得を目指して頑張ります。応援よろしくお願いいたします!

硬式野球部 春季高校野球南部地区予選大会①

令和6年度春季南部地区予選大会の初戦に臨みました。

朝 霞110 000 0 計2
朝霞西010 053 X 計9

 1回表に相手4番バッターの長打で1点を先制され、2回表にも1点を失い、0-2とされますが、2回裏に8番丸山温(富士見富士見台)の犠飛で1点を返し、1-2とします。

 打線は5回裏に、1番安藤(ふじみ野福岡)のヒットの後、2番依田(所沢柳瀬)の連続ヒットでチャンスを広げ、3番のキャプテン久保(三芳)のライトへのタイムリーで同点、さらに4番宮越(新座六・清瀬球友会)のタイムリーや相手のワイルドピッチなどでで一挙5得点を挙げ、試合をひっくり返します。
6回裏にも先頭の1番安藤が四球で出塁しすかさず盗塁成功、続く2番依田が犠打で1死3塁を作り、3番久保のスリーベースと4番宮越のタイムリー、6番香林(ふじみ野葦原)のタイムリーで3点を追加し、試合を決定づけました。

 先発のエース香林は序盤、変化球の制球に苦しみ、キャッチャー平山(富士見水谷)も我慢の配球となりましたが、尻上がりに調子を上げ、7イニングを2失点でまとめました。

硬式野球部 新学年・新体制のご報告

本日より新年度となりました。
44期は3年生、45期は2年生となり、もうすぐ46期の仲間も入学してきます。

下級生に尊敬される、同級生に信頼される、上級生に期待されるような高校生になれるよう野球も学校生活も頑張ります!

指導スタッフも人事異動によって、変更となりましたので、お知らせいたします。

【〜R5年度】
責任教師 井出健太郎(国語)
監  督 酒井 裕一(社会)
顧  問 上島 一吾(社会)

【R6年度〜】
責任教師 藤原 陸(保健体育)
監  督 酒井 裕一(社会)
顧  問 飛岡 浩太(社会)

どうぞよろしくお願いいたします。

硬式野球部 春季校内合宿を行いました!

3月25日(月)~3月27日(水)で校内合宿を実施しました。

合宿期間中は、朝霞市営球場や学校のグランドを使用し、強化練習と練習試合を行いました。

 

合宿期間中は、多くのOBが後輩たちを指導してくれたり、練習の手伝いをしてくれました。

来月から春季南部地区予選大会・春季埼玉県大会となります。

チーム一丸となって頑張ります!応援よろしくお願いいたします。

硬式野球部 新1年生向け連絡

3/25(月)・3/26(火)は校舎内で室内練習を行います。

 

また、4/3(水)10:30~グランドにてユニフォーム等チーム用品の第1回採寸を行います。

入部が確定している方はぜひご参加ください。(第2回採寸も入学後にありますのでご安心ください。)

硬式野球部 卒業式・三送会

先日、本校の卒業式がありました。
本校硬式野球部の12人(選手10人・マネージャー2人)も立派な姿で卒業していきました。

卒業式の少し前には、三送会を実施しました。3年生vs.1,2年生の試合をしたり、思い出の映像を見たり、3年生から後輩へのアドバイスがありました。

先輩方の頑張りを引き継ぎ、OBが誇りに思えるような立派な野球部を残った後輩たちや指導者・保護者で作り上げていきます。

3年生のみなさん、朝霞西の3年間で培った力を、次のステージで存分に発揮してください!

硬式野球部 令和5年度秋季南部地区予選大会 大会報告

9月11日(月)に秋季南部地区予選大会の代表決定戦に臨みました。

勝った方が9月下旬に始まる秋季高校野球埼玉県大会の出場権を獲得します。

 

浦和北013 012 001 計8 H16 E0

朝霞西001 002 100 計4 H 7 E1

 

4-8で敗戦し、埼玉県大会の出場を逃しました。

この悔しさをバネに、また鍛えて春と夏に良い結果を残せるよう頑張ります。

引き続き応援よろしくお願いいたします!

硬式野球部 令和5年度秋季南部地区予選大会 組み合わせ

8月29日(火)に上尾のスポーツ総合センターにて、令和5年度秋季南部地区予選大会の組み合わせ抽選会がありました。

【本校組み合わせ】

日時:9月11日(月)14:00~

場所:県営大宮公園野球場

相手:浦和北高校と新座柳瀬高校の勝者

 

シード校として、観ている人がワクワクする野球・応援したくなる野球を展開します。応援よろしくお願いいたします。

硬式野球部 南部地区新人大会 3回戦(シード権決定戦) 大会報告

8月19日(土)に南部地区新人大会の3回戦に臨みました。

この試合に勝つと、秋季南部地区予選大会のシード権を獲得することができます。

 

大 宮000 113 003 計 8

朝霞西011 312 12X 計11

 

先発のエース香林(ふじみ野葦原)が課題の立ち上がりを0点で抑え、チームに流れを呼び込みました。

打線は2回表、1死1・3塁から8番高村(ふじみ野大井東)がランナーを返し、先制します。

3回以降もヒットやフォアボールで出たランナーを、バッターとランナーの連動で、盗塁やヒットエンドランやランエンドヒット、送りバントやセーフティバントやプッシュバント、バスター等の作戦を駆使して、相手バッテリーを攻め立て、毎回得点を挙げました。

6回表と9回表に相手のしぶといバッティングで連打を浴びましたが、なんとか踏ん張ることができました。

投手陣は、香林(ふじみ野葦原)→中村(富士見勝瀬)→新井(志木宗岡二)→香林(ふじみ野葦原)の継投となりました。

新人大会3試合を通じて、1年生も含めて、ベンチ入り20人中15人が試合に出場し、それぞれ任された場面で活躍しました。

秋季南部地区予選大会は8月29日(火)抽選会、9月6日(水)開幕となります。

ベンチ入りメンバーはまた入れ替えとなります。夏休みの終盤も個々の力量やチーム力をさらに高めることができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。