朝西ブログ

朝西の今をお伝えします。

未来を拓く『学び』プロジェクト

埼玉県教育委員会の事業である、【未来を拓く「学び」プロジェクト】では、協調学習による授業づくりを中心とする主体的・対話的で深い学びを実現する授業改善に取り組んでいます。朝霞西高校では本年度3人の教諭が県教委指定の「研究開発員」として登録され、授業開発に取組んでいます。本日は3年生の選択生物の授業で、志村教諭による「DNA鑑定ってなんだろう??」という協調学習の授業が行われ、10名以上の本校教員が参観する中、研究授業が実施されました。生徒たちは「知識構成型ジグソー法」による、対話を中心とした授業でDNA鑑定について対話をしながら、一生懸命授業に取り組んでいました。

サッカー部「完全燃焼!頑張りぬいた!」

10月9日(日)、埼玉県高等学校サッカー部県大会2次予選がさいたま市立浦和高校のグランドで開催されました。相手は強豪大宮東高校です。3年生にとっては高校生活最後の大会となり、グランドに立つ選手からは気合が十分に伝わってきました。応援席も保護者の方々で一杯にうまっています。試合は終始アグレッシブに展開し、朝西イレブンも果敢にボールを奪うべく、縦横無尽に走っていました。試合の方は前半20分、相手の技ありシュートに決められ、後半も追加点を取られ、残念ながら0対2で敗れてしまいました。しかしながら決して相手に引けをとらないとても熱い良いゲームでした。試合終了後、保護者と抱き合いながら涙を流す姿は、とても感動的な瞬間でした。現3年生はコロナ禍の中、度重なる緊急事態宣言など数々の制限がある中での3年間だったと思います。中には12年間をサッカーに注いできた選手もいます。選手のみなさん、保護者のみなさん、本当にお疲れさまでした。

(※顧問からのメッセージは「部活動→サッカー部・日誌」をご覧ください)

生徒会役員選挙「本物の投票箱で!」

10月6日(木)生徒会役員選挙「立会演説会」が行われました。新型コロナ感染予防を考え、オンラインによる演説会となりました。今年は生徒会長に4名の立候補者が出るという、近年にない活発な選挙戦となりました。各候補者は自分の選挙ポスターを作成し、校舎内に掲示したり、各教室を回るなど積極的な選挙活動を行ってきました。本日の立会演説会ではどの候補者も朝霞西高校をより良くしようと、一生懸命に選挙公約を述べていたことがとても印象に残りました。また、投票には朝霞市選挙管理委員会様のご協力を得て、本物の投票箱を使用して投票を行いました。新役員に選ばれた人、おめでとうございます。ぜひ新しい生徒会で頑張ってください。惜しくも当選に届かなかった候補者も、大変素晴らしい演説でしたので、何らかの形で生徒会をサポートし、朝西をより良くしていってください。選挙管理委員会のみなさん、推薦者のみなさん、候補者のみなさん、今日は大変お疲れさまでした。

ICTフル活用「1年 英語コミュニケーションⅠ」

本日、1年生「英語コミュニケーションⅠ」の授業ではALTのブリアナ先生に加わってもらい、「英語によるコマーシャル制作」の導入を行いました。授業の冒頭では、ネット上で作成された英文によるクイズが出題され、生徒が自分のスマホを使用して答えるウオーミングアップを行いました。点数が自動的に集計され、大きなスクリーンには得点上位ベスト3の生徒名が投影されました。その後、3人から4人のグループに分かれ「英語によるコマーシャル制作」の課題説明がされました。Googleフォーム・ドキュメントを使用して、各グループがどのような企画を考えるのか、共同編集などもスマホを通じて行われました。これら授業のほぼ全てが英語で行われますが、生徒のみなさんはしっかりと理解し、課題に取り組んでいました。どんな英語のコマーシャルができるか楽しみです。

※朝霞西高校では校舎内スマホ使用禁止ですが、このようなICTを活用した授業では、各自のスマホを使用することがあります。(通信料は埼玉県が整備した学校の高速Wi-Fiを全員が使用するので一切かかりません。)

PTA広報委員の方々「学食の取材で来校」

本年度から学食が復活し、お昼の時間にはたくさんの生徒達でにぎわっています。そんな様子をPTA広報委員会の方々が取材にお越しくださりました。年明けの紙面で掲載予定とのことです。ありがとうございました。