朝西週報ブログ

2024年1月の記事一覧

【音楽部】銀賞受賞!

音楽部です。いつもあたたかい応援ありがとうございます。1月7日(日)に行われました、第3回冬季演奏会に出場し、銀賞を受賞いたしました。惜しくもあと一歩で金賞には届きませんでしたが、基礎を見直し、日々コツコツと頑張ってきた成果が演奏で発揮でき、嬉しく思います。ここから6月の定期演奏会、夏の吹奏楽コンクールに向けて、より一層頑張りたいと思います。今後も応援のほどよろしくお願いいたします。(音楽部 顧問)

大学入学共通テスト「頑張れ朝西生!」

1月11日(木)、3年生はLHR及び統合的な探究の時間を利用して、大学入学共通テストの直前ガイダンスを実施しました。いよいよ今週末の1月13日(土)と14日(日)に実施される大学入学共通テストですが、本校からは85名の申し込みがありました。本日は文系、理系の2教室に分かれて受験上の注意を確認したり、過去に受験した先輩からのアドバイスを読み合わせました。また、テスト後に行う得点リサーチの準備作業も同時に行いました。緊張の中にも明るさがみられる3年生、今までの努力を信じ、本番では精一杯頑張ってください!応援しています!

3学期「始業式」

1月9日(火)、3学期の始業式が実施されました。全校生徒による校歌斉唱の後、原校長からは以下のような講話がありました。

【講話の抜粋】年明けの元日、石川県能登での大地震で多くの方々が被害にあいました。生徒の皆さんの中にも、親戚などで被災されている人がいましたら、心からお見舞いを申し上げます。さて、新しい年を迎え、皆さんは夢や目標を持ちましたか?明治維新の時代に多くの人々に多大な影響を与えた山口県出身の吉田松陰の言葉に「夢なき者に成功なし」という言葉があります。夢があれば必ず成功するわけではありませんが、成功した人には必ず夢があったと言えます。また、脳科学の分野でも研究が進んでおり、科学者の阿部加奈子さんの研究でも「脳自体に無意識にプライミングの仕組みが働く」と言います。つまり夢や希望を強く思うことで、無意識のうちに自らの行動が変化し、成功への道筋へと働くそうです。3学期は1年間のまとめの時期であると同時に、次年度への準備をする期間とも言えます。こうなりたいという夢や目標をしっかり思い描いてください。皆さんの更なる頑張りを期待します。

続いて生徒指導主任の涌井教諭から、以下のような講話がありました。

【講話の抜粋】

学生時代日本体育大学のバレー部に入ろうか悩み、他の人より1週間遅れて入部しました。体育大学の部活動ともなると、その厳しさは尋常ではなく、先輩との上下関係、厳しい規律の数々、夜遅くまで続く過酷な練習に耐えられるか、自分自身考えていたためです。実際に入部してみると予想通り厳しいものでした。外コートでバレーを行うとすぐに練習ウエアーはボロボロになります。先輩たちが体育館での練習が終わって、ようやく1年生は体育館に入れます。そして夜遅くまで練習が続きます。先輩への挨拶ができない場合は全員で指導されました。活動を続ける中、大会が訪れます。これだけ練習していたのだから絶対負けないと思って全国大会予選に出ましたが、負けてしまいました。そこから気持ちを全て入れ変え、厳しい練習をさらに厳しくし、全国大会出場を果たしました。この時の頑張りが無ければ教師にもなっていなかったし、こうして今日皆さんにも話はしていなかったでしょう。大人になって大変な仕事、難しい仕事がたくさんありますが、あの時の苦しさに比べたら全て乗り越えられてきました。頑張って損することはありません。3年生の皆さんには最後の話となりますが、それぞれ大学、専門学校、就職等に行った先でも是非頑張ってください。(最後に学生時代に特別に与えられたユニフォームを披露していただきました)